中京日本香港協会
会長挨拶と概要

中京日本香港協会は、香港駐在経験者が中心となって、1990年に日本香港協会の中京支部として設立された任意団体です。当協会の目的は、会員相互の親睦を図りつつ、日本と香港の経済・文化・社会面での交流を促進し、香港情報普及の支援を行うことにありますが、香港の準政府機関である香港貿易発展局が運営面に関し、全面的な支援を行っています。

中京日本香港協会は、現在約60名の会員を有し、髙橋名誉会長を中心に香港駐在経験豊富な約27名の理事により活発な活動を展開しております。

「香港ビジネス協会世界連盟」は世界各国にある香港ビジネス協会を統括する組織であり、日本におけるメンバー協会は「日本香港協会」となり、中京日本香港協会もそれにあたり、連盟はネットワーキング、情報交換とともにビジネス・チャンスを創造する場を会員に提供しています。

中京日本香港協会
会長  豊島 德三

主な事業
  1. 香港の社会制度、経済環境、金融事情等のセミナーの開催。(春・秋の定期2回開催)
  2. 機関誌「飛龍」の発行及びウェブサイトによる情報サービス
  3. 香港との経済・文化交流、ビジネスアドバイザリー制度
  4. 旧正月パーティー・広東語・中国語教室・会員懇談会など会員相互の交流活動
▼ 連絡先
〒460-0003 名古屋市中区錦二丁目11番27号 TH錦ビル8階
株式会社 喜斎 内
TEL:050-3620-2517
FAX:052-222-7750     

中京日本香港協会ブログ

パートナー:香港ビジネス協会世界連盟香港貿易発展局香港経済貿易代表部香港政府観光局